すぐイライラする自分が嫌じゃーーー!

すぐイライラしてしまいます。

娘の朝の用意が遅かったり。
進研ゼミを全然やらなかったり。
ご飯をちんたらちんたら食べてなかなか片付かなかったり。

 
ご飯においては
嫌いなものを最後に残すからなかなか進まないのです。
好きなものはパーーーーッと食べます(笑)
 
いつも

mina
好きなものばっかり先に食べないで、順番に食べなさいね。
と言っています。
 
ご飯の最中にも
mina
こっち(←嫌いなもの)も食べなさい!
とよく言います。
 
それなのに・・・
なぜか気付けば嫌いなものが最後に残っている・・・・( ノД`)
 
そして

となってしまいます。
 
 

スポンサードリンク




 

『怒り』の感情

いつもイライラしている自分が嫌なので
『怒り』に関する本を読みました(笑)
 
【怒りの感情】
イライラすると、とてつもなく自己嫌悪におちいってしまいますが
『喜怒哀楽』という言葉があるように怒りは人間の基本的な感情の1つです。
なのでゼロにすることはできません。

mina
なるほど!確かに!!
そう思うだけでもちょっと楽になりました^^
 
だから怒りが沸いてきたときは
あ。私今イライラしてる。
って自分の気持ちを認めてあげて良いんです。
 
 
 

怒りの裏にある本当の感情

それは【期待】【哀しみ】なんですって。
勝手に過度な期待をしているから腹が立つ。
しかもそれは相手が身近であるほど大きくなってしまいます。

 

朝スムーズに支度をして欲しいという期待。
進研ゼミを言われなくてもコツコツやってほしいという期待。
ご飯を早く終わらせて、早く片付けてしまいたいという期待。
私の場合は勝手にこんな期待をしているかもしれません。
 
 
 

感情は伝える。

怒りが沸いてきたとき
イライラしてはダメ!と感情を呑み込んでしまいがちですが、それでは何も解決しないし
いつか爆発してしまう危険性もあるので
自分の気持ちを素直に伝えることも大切です。
 
 
 

感情的にならずに伝える。

怒りが沸いたとき一呼吸置いてから
「今自分がどう感じているか。どうして腹が立っているのか。どうしてほしかったのか。」
を伝えます。

私の場合は・・・
よく「早くしなさい!!」と言ってしまうので
「早く支度してくれると嬉しいなぁ」(朝の場合)
「早く食べてくれないと、片付けが終わらなくてママ困っちゃうなぁ。早く食べてくれると嬉しいな」(夜ご飯の場合)
に言い方を変えてみようと思います。
 
 

スポンサードリンク




 

もしも怒りをぶつけてしまったら謝ることも大切

つい感情的になってしまって、あとから反省・・・
なんてことありませんか?
私はしょっちゅうです(汗)
 
そういった時は母親であろうが素直に謝ることも大切です。
実はこれ、私まあまあ出来ています(笑)

mina
さっきは怒ってごめんね。
なかなか部屋を片付けてくれないから悲しくなっちゃったんだ。
だけど大きな声で言いすぎちゃったね。ごめんね。
そうすると
うん・・・だいじょぶ
とか言って言うことを聞いてくれます(笑)
今日もそれで部屋を片付けてくれました(笑)
 
 
 

まとめ

怒りが沸いてきたときは
・イライラしていると認める。
・一呼吸おいて落ち着いてから、自分の気持ちを伝える。
(どうして腹が立っているのか。どうしてほしかったのか。)

 
腹が立つとカーーーーッとなってしまうのでなかなか難しいかもしれませんが
【イライラしない母親】・・は無理だと思うので
【イライラと上手に付き合える母親】になりたいなと思いました。
 
最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m
 
 
 
ランキングに参加しています。

シングルマザーランキング
にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ

素敵なシンママさん達がたくさんいらっしゃいます(^^)

2 件のコメント

  • ガンバレー!会社で働いている男も毎日・・・イライラ・・・の連続で・・・家に帰って来て・・・嫁にイライラさせるな!と言われ・・・・自分のイライラ、どうしていいか?わからないお父さんが一杯います。でもお互いにイライラしてたら収拾つかないですもんねww

    • pope様

      コメントありがとうございます^^
      そっかぁ。その状況を想像すると・・お父さんも色々と大変なのですね(@_@)
      お互いにイライラしていたら収集つかないというのはおっしゃる通りで。
      でも私なんかはそう思ってもイライラしてしまいそうなので・・
      popeさん大人だな~って思います!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です