子供は自分から「目が悪い」とは言いません。

目が悪い子供が増えています。

実は目に携わる仕事をしている私。
今日はちょっと真面目に子供の目に関するお話を。
参考になりますと嬉しいです。
 

 

近視になるお子様が増えています。

スマホ、ゲーム、タブレット。
近くを見る作業が昔よりずっと多い時代です。
 

近くを見続けているとどうなるの??
近くを見ている時、眼はカメラのレンズのような働きをする水晶体の厚さを膨らませてピントを合わせています。
長時間近くを見続けていると、その水晶体は膨らみっぱなしで、水晶体を動かす筋肉(毛様体筋)が緊張状態になります。
その緊張状態が続いて近視へと繋がっていきます。
 
 

スポンサーリンク




 
 

もしかしてこの子目が悪い?見分けるポイント

・顔をしかめて物を見ている。

目を細めたりしかめたり。
これはピントが合いにくいために、無意識にやってしまう目の動きです。
 
 

・テレビの距離が近い。

無意識にどんどん近づいて行ってしまう傾向にあります。
 
 

・顔を傾けて物を見ている。

これは乱視の傾向にあります。
乱視の方は、見やすい角度と見えにくい角度があるので、無意識に見やすい角度に顔が傾いてしまいます。
 
 

・物をつかみ損ねる。

ここまでくるとけっこうな強度数かもしれません(;・∀・)
 
 

・よく何かにぶつかる

コントかってねW
でもきちんと見えていないためにぶつかってしまっている場合もあります。
 
 


 
 

子供は自分から「見えにくい」とはまず言いません。

目は徐々に悪くなっていくものです。
なので、お子様自身は基本「目が悪い」と気付きません。
「こんなものだ」と思って生活しています。
 
なので保護者の私たちが異変を見抜いて、眼科さんやメガネ屋さんで検査を受けさせてあげることが大切です。
 






 
 

近視を防ぐためには?

基本は目の筋肉を休ませてあげることです。
そのためには

・極力ゲームやスマホ等近くを酷使する作業をしない。
・時々遠くを見て筋肉を休ませてあげる。
・目を温めて血行を良くしてあげる。

お湯で温めたタオルを目の上にあてると良いですよ^^
私はお風呂でよくやっています!
等意識してみてください(^_-)
 
 

スポンサーリンク




 
 

まとめ

近くを見続けることが多い時代。近視になるお子様が増えています。
基本子供から「見えにくい」とは言いませんので、目をしかめる等の子供のサインを見逃さず、あれ?と思ったら検査を受けてください。
 
また極力目の筋肉を休ませてあげる生活習慣も大切です^^
 
以上参考になりますと幸いです。
 
あとみんなお気付きだと思いますけど、今日初めて『目次』を作ってみました!!←誰も気づいてない
だからなんだってね。

そもそも目次作るような文字数じゃないだろw
いいんです。自己満です。
 
最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m
 
 
 
ランキングに参加しています。

シングルマザーランキング
にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ

素敵なシンママさん達がたくさんいらっしゃいます(^^)

4 件のコメント

  • おぉー、なるほど~って思いながらよんでました。
    そうですよね、私も最初眼鏡をかけはじめたのは親からの指摘を受けてからかもしれません・・(*´ω`)

    • かぼす様
      コメントありがとうございます^^
      そうなんです。なかなか自分から「目が悪くなった」というお子様はいないので、親が気付いてあげられるかが重要だと思います(*^-^*)

    • 猫好きなまりあん様
      本当に早期発見が大切だと思います。
      子供さんの仕草にちょっとでも「アレ?」って思ったら放置せず調べてもらった方が良いですよね(^_-)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です