ギャンブル依存から回復するには?

専門家に相談

ギャンブル依存症は『治療可能な病気』です。
一人で解決するのが難しければ、専門家に相談した方が良いと考えます。


 

何をしたら良いのか?

医学的治療

外国にはギャンブルへの欲求を低減する薬剤を用いる国もあるそうです。
 
日本では医師による診断と治療、精神療法が治療プログラムとして提供されています。
 


スポンサーリンク




 

自助グループへの参加

ギャンブラーズ・アノニマス(GA)という団体があります。
料金はかかりません。
 
自分と同じ目的(ギャンブルをやめたい)の人々が集まりミーティングを定期的に行っています。
予約等も必要なく、気軽な感じで足を運べます。
 
GAへの参加はギャンブルを断つのに役立つばかりではなく、仲間の姿がモデルとなり、ギャンブルをやめた後の新しい生き方を学ぶこともできるでしょう。
 
 
 

家族の理解と支援

何年も借金・ギャンブル問題を抱えた生活の中で、不信・怒り等の感情により、本人と家族の関係が悪化している場合もあるでしょう。
家族が病気に対する正しい知識を得て従来の対応の過ちに気付き、あたたかい家族関係の中で回復を支援することは、本人にとって大きな影響を与えると思います。
 
そうは言っても、家族もさんざん苦しい思いをしていると思います。
ギャンブル依存症の家族のための団体もあるようなので(ギャマノン)そういったミーティングに参加してみるのも良いと思います。私も参加すれば良かったな~とあとから思いました。
家族も知識を持つことがポイントなのかなと感じます。
 
 
 

長期戦

ギャンブル依存は慢性疾患と言われているそうです。再発の可能性もあります。
 
まず最初の1年はギャンブルを断ち続けることが最大の目標となります。
ギャンブルを断てば回復ではなく、ギャンブルに依存しない状態で新しいバランスの取れた生き方ができるようになること。これが最も大切です。
それには順調にいっても最低2~3年はかかると言われています。
 


スポンサーリンク




 

終わりに

厚生労働省によると、日本にはおおよそ400万人のギャンブル依存症患者がいるという調査報告があるそうです。
しかし、ギャンブル依存に対する啓発は遅れており、『治療可能な病気』という認識でいる人は少ないと思われます。
 
400万人。
目に見えない所で悩んでいる方もたくさんいるのかもしれません。
 
悩んでいるご本人、ご家族の参考になればと思い書かせていただきました。
最後までお読み頂きありがとうございましたm(__)m
 
 
 
ランキングに参加しています。

シングルマザーランキング
にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ

素敵なシンママさん達がたくさんいらっしゃいます(^^)

Leave a Reply