離婚に至るまで【8】~怪しい兆候~

こちらの続きです。
 
 

娘が誕生!

3年くらい落ち着いた日々を取り戻したmina家。
その当時元夫は30代になっていました。
私は、今までのは若気の至り的なもの。もう彼は立ち直ったんだ。
もう同じことを繰り返さないだろう!きっと大丈夫だ!
・・と自分の都合の良いように解釈し、ずっと欲しかった子作りを・・!という決意をしました。
 
 
そして2010年。
結婚して約6年経っていました。
 
待望の長女誕生です^^

 
 
借金の返済はまだありましたが、すごく幸せな日々でした♬
 
 


スポンサーリンク




 

お祝い金が・・・

こんなことがありました。
 
娘が生まれて3ヶ月くらいした頃。
私の母が
「アンタさ・・言いにくいんだけど〇〇おじさんにちゃんと内祝い返したの??」
〇〇おじさんとは、母の兄。私の叔父です。
 
え・・・〇〇おじさんからのお祝い金なんて知らない・・・。(心の声)
 
とりあえずその場は
「出したつもりだったんだけど、もれてたかな?ちょっと確認してみるわ」
と母からの電話を切りました。
 
入院中に病院に来て、渡してくださったお祝い金はしっかりメモをして把握していました。
(元夫に使われないように・・・という意味合いも含めてしっかりメモをしていました。)
 
退院した時に元夫から
遠方の方より現金書留で送っていただいたお祝い金を受け取りました。
この中に〇〇おじさんのものは無かったはずです。
 
元夫に取られたか・・・。
と頭をよぎりました。。。
 
元夫に一応確認はしてみましたが
「届いてなかったと思うよ?」
で終了です。
案の定・・・といった感じです。
 
でも目が泳いでいて、きっとウソついているなと感じました。
この頃になると、元夫の目が泳いでいる感じでウソか本当かなんとなくわかるようになっていました。
妻の勘ってやつでした。
 
『絶対に元夫が取った』と思いましたが、証拠も無いので
私の心の中にしまうことにしました。
 
というか、このことはもう忘れてしまおうというのが本音でした。
本気を出せば〇〇おじさんに、書留を送った時の控えとか見せてもらって、それを元夫に突きつけて・・・とかできたかもしれません。
 
でも娘が生まれたばかり。もちろん波風も立てたくは無いし・・・。
何よりも本当に元夫が取ったと確定してしまうのも怖かったんです。
 
平和に親子3人で暮らしていきたかった。
だから・・・私は〇〇おじさんの件から逃げたのです。自分から。
 
内祝いは・・・送りもれということで、お詫びの電話を入れ品物を早々に送って私の中でお終いにしました。
 
 
でも・・・
今改めて言うけど・・・
これ、絶対元夫クロだよね???(笑)やってるよね??(;^ω^)
 


スポンサーリンク




 
 

怪しい兆候を無かったことにしてとりあえずは平和に

今思えば明らかに『クロ』な事件を無かったことにして、平和に過ごしていました。
 

それ以外は
オムツ替えもしてくれるし、お風呂も入れてくれるし
私が疲れていたらご飯も作ってくれるし、
申し分のない『イクメン』でした。
 
 
続きます。
 
最後までお読み頂きありがとうございましたm(__)m
 
ランキングに参加しています。

シングルマザーランキング
にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ

素敵なシンママさん達がたくさんいらっしゃいます(^^)

Leave a Reply