離婚に至るまで【6】~郵便物~

離婚に至るまで【5】


こちらの続きです。
 
 

普通の何気ない日常でも不安になる。

けっこう甘いものが好きな元夫。
ちょこちょこ仕事帰りにコンビニスイーツを買ってきてくれました。
「これ美味そうだったから一緒に食べようよ!」
 
こう見ると何気ない・・・むしろほっこりした日常かもしれません。
 
でも私は
「こんな高いスイーツ買えるのか。このお金はどこから出てきたんだ。」
と、書いてても悲しくなってくるくらい黒い気持ちでモヤモヤしていました。
 
コンビニスイーツすらも素直に喜ぶことができない・・・。
こんな気持ちの自分の事もすっごく嫌でしたし、自分に腹が立ちました。
 


スポンサーリンク




 
 
 

そしてとうとう・・・。

とある郵便物が届きました。
 
 
「親展」
某消費者金融会社からでした。
 

ものすごく心臓がバクバクしました。
嫌な予感がしました。
 
 

mina
ちょっと元夫!これ何!???
元夫
えー??なんだ?よくわからん。
 
 
元夫の目の前で開けました。
 
 
・・・・・・。
 
 
借金の返済が滞っているという通知でした・・・。
 
目の前が一瞬真っ暗になりました。
あの時の感じは今でも忘れません。
 
 
金額は確か50万円くらい。
限度額いっぱいまで借りていました。
 
まだ元夫が結婚前に作った借金も返済しているところです。
 
 
どうして???
怒りがこみ上げすぎて言葉が出てきません。
 
 

元義理の父母を招集

その日は元義理の父母にも来て頂きました。
 
そして今まで財布からお金を取られたことや、今回の郵便物のことも全てお話しました。
もちろん郵便物は現物を見て頂きました。
 
元義母は泣いていました。
 
元夫も泣いていました。
 
 
元義父は私に何度も謝罪した後に
どうかもう1回息子にチャンスを与えて欲しい。
というようなことを言ってきました。
 
 
義理両親にお話できた事で、私の心は少しスッキリしていました。
何かあったら義理両親に相談できるんだ!
ということで少し落ち着いた私は、もう何度目なのか・・・。
元夫を許しました。
 
 
元夫は泣きながら
「もう二度としない!」
と言っていました。
これで3~4回目くらいの『もう二度としない』でした。
 
以前は泣きながら反省する姿を愛おしく思っていた私ですが、
だんだんその泣き顔にも嫌気がさしていました。
 
 
とりあえず新たにできた借金は、元夫のお小遣いから差っ引いて支払っていくこととなりました。
 
続きます。
 


スポンサーリンク




 
 
ランキングに参加しています。

シングルマザーランキング
にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ

素敵なシンママさん達がたくさんいらっしゃいます(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です