離婚に至るまで【4】

離婚に至るまで【3】


こちらの続きです。
 

元夫に聞いてみました。

「お財布から5,000円無くなってるんだけど・・・知らない・・・?」
「お風呂入る前には確かにあったんだけど。」
声が震えました。
今にも涙が出そうでした。
 
「ええ~?知るわけないじゃない~^^」
すごく明るく返されます。
 
「でも・・・確かに1万円あったんだよ。でも今は5,000円しか入っていないの!」
「そんな、人の財布勝手にいじるわけないでしょ。」
 
「・・・・・」
 
 
「前も似たようなことがあったから、念のためお札のナンバーも控えてあるんだよね。元夫の財布のお札見せてもらっていい?」
お札のナンバー控えているなんてウソです。
イチかバチかカマを掛けてみました・・・。
 
 
「ごめん・・・。」
認めましたーーー!!!Σ( ̄ロ ̄lll)
 


スポンサーリンク




 

泣いて謝る元夫。

泣いています。
泣いて謝っています。
ちょっと営業先の差し入れとかがかさんでしまって、お金が足りなくなってしまったのを言い出せなかったという言い分です。
「それならそうと正直に言ってほしい。どんな理由であれ(お金を)取られたというのはとてもショックだ」というようなことを伝えました。
 
今ならその泣き顔もドン引きなのですが、その頃の私は。。。
こんなに泣いて謝ってる!そんなに反省しているならもう大丈夫だな。
なんならその泣き顔を愛おしく感じていました。←馬鹿満載ですワタクシW
 
「もう絶対しないから!」
という言葉をマルッと鵜呑みにし、
(その後この『もう絶対しないから』をあと何十回も聞くことになるとはその時は思いもせず・・・^^;)
また平和で幸せな日々がやってきました。
 
 

簡単にウソをつく。

こちらにも書いていますが
https://a-gracias.com/2017/09/20/453597324-html/
平気で簡単にウソをつきます。
 
「人の財布勝手にいじるわけないでしょ」
とか勝手にいじったくせに堂々と言います(笑)
 
ウソをウソで重ねて、最終的には矛盾もたくさん出てきて
そこを突っ込んでウソがバレる。というパターンが多かったです。
 
もう何が本当かだんだん信じられなくなりました。
 


スポンサーリンク




 

『信頼』

何かで見たのですが
信頼を失うのは簡単だけれど、それを取り戻すためには相当な努力と時間が必要。
 
ほんとその通りだなと思いました。
だから信頼を失うような事をしてはいけないと思いながら生活しています。
 
配偶者を信頼できない・・・
これってすごくマズイことですよね。
でもけっこう早い段階で信頼できなくなってしまったのでした。
 
続きます。
 
ランキングに参加しています。

シングルマザーランキング
にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ

素敵なシンママさん達がたくさんいらっしゃいます(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です