「ポ○」←なんのこっちゃ!?

タイトル。
なんのこっちゃい?!ですよね。
まあ聞いて下さい。
 
 

先日保険の見直しをする機会がありました。

そこで、まあどうしても死亡だとか、もしminaさんがお亡くなりになってしまったら・・・っていうワードが出てくるわけです。
 
何の気なしに聞いていましたが、その日の夜娘が
「・・・ママ。。死ぬの?」
と不安そうに聞いてきたのです。
「ママは絶対死なないから大丈夫!」
と抱きしめるしかありませんでしたが、娘が泣いていました。
 
保険の話の最中、ゲームを黙々としていた娘でしたが
聞いてないようで聞いていたのですね。
不安な気持ちにさせてしまいました。
 
泣いている娘を見て、なんとも言えない胸がしめつけられる感じでした。
これではいけない!!
 


スポンサーリンク




 
 

保険の話は1日で終わらず、また1週間後に来ていただくことになっていました。

次のお話は娘のいない時間帯に(>_<)と思いましたが仕事上なかなかタイミングが合いそうにありません。   上記の(娘が泣いていた)話を保険屋さんにお話して、電話で 「どうしても内容上“死亡”って話はしなければいけないのはわかっているんですけど、なんとか別の言葉に置き換えたりとかできないでしょうかねぇ??(汗)むちゃくちゃなこと言ってるのはわかってるんですけど。。」   少し考える保険の担当者様。 「minaさん。」   「ポ○にしましょう!」←○ウムの麻○しょうこうのアレです(汗)
 
「え!マジですか(笑)」(;゚Д゚)
・・・
 
 

マジでしたWWW

「minaさんが、もしも万が一ポ○してしまったらですねぇ、、、」
なんだか肝心の話があたまに入ってきません(笑)
 
しかも担当者様はいっさい笑わず、真面目な顔で話しているのです。
なぜ!?なぜ笑わないの!!!??
むしろ私がニヤニヤしていました。
 
でもとりあえず担当者様のいきな計らい?のおかげ?で、その日の夜娘が涙することはありませんでした。
 
こんな怒ってばっかりの母でも
ケンカすることがあっても
娘にとってはたった一人の母親。
 
健康で普通に仕事をして、普通に生活ができて、今日も娘と一緒に元気にすごせている。
そんなことがとてもありがたく感じましたし、健康には気をつけよう。身体大事にしようと強く思いました。
 


スポンサーリンク




 
 

離婚してから更に「自分一人の身体じゃない!」と強く思うようになりました。

本当に「健康のために最善を尽くさねば!」という思いです。
 
そのため禁煙にも成功しましたし、
ガン検診とかも行くようになりました。
ガンは治る時代です。保険の担当者様が言っていました。
そのためには早期発見ですね。
 
自治体によって違いはあるでしょうが、検診のクーポンがあったり、年齢によって無料で受けられたりしますよね。
私の住んでいる所では満40歳の方は無料で受けられるようになっていました。
 
先のことなんてわからないと言えばそれまでですが、健康に感謝して身体を大切にしていきたいと思いました。
 
最後までお読みいただきありがとうございました。
 
 
 
ランキングに参加しています。

シングルマザーランキング
にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ

素敵なシンママさん達がたくさんいらっしゃいます(^^)