慰謝料

離婚の際の慰謝料は相手の行為によって受けた精神的苦痛に対する損害賠償金のことです。不貞や暴力などの不法行為により、相手が離婚原因を作った場合に請求できます。
なんとなく性格が合わない等の場合には請求できません。
 

離婚原因と慰謝料の請求

※請求できる
・相手の不貞
・悪意の遺棄
・暴力
・生活費を渡してくれない
・相手側の一方的な離婚の申し入れ
  
※請求できない
・性格の不一致
・強度の精神病
・同程度の原因が双方にある
・信仰上の対立
・相手の親族との不和(請求できる場合もあるそうです)
   

離婚原因慰謝料と離婚自体慰謝料

離婚原因慰謝料

相手の不貞、悪意の遺棄、暴力など離婚の原因となった違法・不法行為そのものによって被った精神的苦痛に対するものが「離婚原因慰謝料」です。
 

離婚自体慰謝料

離婚せざるをえなくなったことによって被った精神的苦痛に対するものが「離婚自体慰謝料」です。
 


スポンサーリンク



  

慰謝料の金額や支払い方法に関して

話し合いで決める

慰謝料の金額や支払い方法にこれといった決まりはありません。金額は精神的苦痛の度合いや、資産や収入等に応じて話し合いで決めることができます。
金額、支払い方法(一括か分割か)、支払いの期限等を決めておくと良いと思います。
協議離婚の場合は取り決めた事項は、必ず離婚協議書及び公正証書で文書として残しておきましょう。
 

離婚調停で話し合う

話し合いがまとまらない場合は家庭裁判所に離婚調停を申し立てて、離婚調停の中で話し合いをすすめます。同時に財産分与についても話し合うことができます。
 
調停が成立すると、「調停調書」が作成されます。調停調書は判決と同じ効力があり、慰謝料が支払われない場合には強制執行の手続きを取ることができます。
   

離婚慰謝料の相場

芸能人とかですと何千万とかよく耳にしますが、我々一般人の相場としては200万円~300万円くらいだそうです。
  

離婚後の慰謝料請求について

慰謝料には時効があります。離婚成立から3年とされています。
 


スポンサーリンク



 
   
ランキングに参加しています。

シングルマザーランキング