子供の戸籍と名字


 
離婚をすると私は戸籍を抜けることとなります。
 
私は離婚して親権者が母親であれば、娘も同じ戸籍に入ると簡単に思っていました。
ところが簡単ではありませんでした(笑)
 
離婚をして、夫婦の一方が戸籍を抜けても、父母のどちらが親権者になっても、子供の戸籍は変わらない。
らしいです。
 


スポンサーリンク




 

そこでやらなければならないこと。

 

①まず私の名字をどうするのか決めます

私は旧姓に戻すか、現在の名字を名乗っていくのかとても迷いました。本当は旧姓に戻したいと思っていました。
でも娘もやっと覚えた名字。
名字が変わる事で、娘が回りに何か言われたりしないかという不安。
 
そして本当の所私自身が名字が変わる事で、回りに『離婚した』と悟られたくなかったのです。
ちっちぇー(小さい)なぁー私。
今となってはそんなことどうでも良いのに。
 
その時は離婚はマイナスなもの。という思いが強かったのかもしれないです。
ああ情けない。
 
とりあえずその時の私は
結婚時の名字を名乗っていくことに決めたみたいです←他人事W
 
そこで必要なのが
『離婚の際に称していた氏を称する届』を提出しました。
この書類は離婚後3ヶ月以内に提出すれば良いようです。(離婚届提出時でも可)
 
 
 

②私を筆頭とする新しい戸籍をつくる

 

③家庭裁判所に「子の氏の変更許可申立書」を提出

家庭裁判所に「子の氏の変更許可申立書」を提出し、裁判の申し立てを行います。
 
え??
子の氏(苗字)変わってないですよね??
旧姓には戻さないのに必要なの?
と思いました。
 
しかし私のように結婚時の名字を名乗るケースでも上記は必要らしいです。氏の読み方は同じでも、戸籍が別になると、違う氏の扱いになるそうです。ややこしや~(゜ロ゜;ノ)
 
そしてその「子の氏の変更許可申立書」は、一応申立人は子供自身になるとのことです。
子供が満15歳未満の場合は、法廷代理人(←通常は親権者)が申し立てを行うとの事で、結局は私が行うのですが。
 
🌼申し立てに必要なもの

・私の新しい戸籍謄本
・手数料(800円の収入印紙)
・連絡用の切手代

こんな感じだったと思います。
 
 

④変更許可を得たら「入籍届」を提出

今度は裁判所でなく役所が窓口です。
お間違え無く。

以上で完了です!
 
 

やってみた感想

なんだかこう書くととても大変な事のように思えますが、役所でも裁判所でも必要なものや書き方などきちんと教えて下さるので、それに従って動いていただけで、あまり苦労したという記憶はないです。
 
慣れない言葉ばかり。
最初は聞くことに抵抗があった私でしたが
こんなのわからなくて当たり前だ!!
と開き直り、色々聞きながら頑張りました。
 
皆様優しく教えてくださいました。感謝^^
 


スポンサーリンク




 
ランキングに参加しています。

シングルマザーランキング

素敵なシンママさん達がたくさんいらっしゃいます^^