財産分与

財産分与とは

離婚時に、夫婦が結婚している間に協力して築いた財産をそれぞれに分け合うことを「財産分与」といいます。
財産分与は離婚に至る諸問題の中でももめることが多く、解決がつかずに、なかなか離婚出来ない夫婦もいるようです。
 

精算的財産分与

妻が専業主婦であったとしても、夫が財産を築き維持できたのは妻の協力(家事労働、内助の功)があったからとみなされ、実質的に財産は夫婦共有のものと考えます。
離婚の際には、この共有財産を分け合います。専業主婦であっても共有財産の分与を請求することができます。
 

扶養的財産分与

離婚後、生活が不安定になる側に、もう一方が生活費を援助する意味での財産分与です。財産分与は請求する側の生活状況などを考慮して決められ、精算的財産分与や慰謝料とは別に加算されます。
 
例えば、小さな子供がいて、なかなか職につくことができず、収入が得られない状況であれば、仕事につけるまでの生活費を援助できる相当の額の財産分与が考えられます。
仮に夫婦に共有財産がなくても上記の意味での財産分与を請求することが可能です。
 


スポンサーリンク




  

財産分与の手順

財産をリストアップし総額を出す

まず、対象の財産をリストアップします。
財産には預貯金などのプラスの財産とともに、住宅ローンなどの共同生活の中で生じたマイナスの財産も含まれます。
 
財産分与の対象となる主なもの
・預貯金
・不動産(土地、建物)
・家財道具
・自家用車
・保険、保険金
・退職金(年金)
(年金は退職前であれば、支払いが確定している場合)
・負債(住宅ローンなど共同生活でできた借金)
  
財産分与の対象とならない主なもの
・結婚前から所有していた財産
・結婚後父母などから贈与された財産、相続した財産
・結婚前からの借金
・別居後に各人が取得した財産
   

分割の割合を決める

財産の総額が出たら、それぞれの寄与度、貢献度に応じて分割します。貢献度は夫婦によってさまざまなので規定はありません。基本は2分の1と考えられているようです。
専業主婦の場合でも以前は3割程度を請求する妻が多かったのですが、最近では5割を請求する妻が多くなっているそうです。裁判では3割~5割の間で認められる事例が多いようです。
 

分与の方法を決める

次に財産の分け方を考えます。
現金であれば簡単ですが、不動産や家財道具、自家用車などはそのままでは分割ができません。
 

方法

①現金で分与する。
②換金処分して分与する。
③取得した側が差額を現金で支払う
(例えば車をもらいました。価値は70万円でした。分与の割合が2分の1だった場合は、35万円を相手に支払います。)
があります。
分与のためには価値を換算しなければなりません
 

不動産

・不動産会社に査定してもらう。
・近隣の類似物件の取引価格を参考にする。
(ローンが残っている場合は、評価額からローン残高を引きます)
 

家財道具、自家用車

・家具や電化製品は購入時の価格を参考にする。
・自家用車は同程度の車の中古価格を参考にする。
(ローンが残っている場合は評価額からローン残高を引きます)
 

保険

満期を迎えていないものは離婚時に解約した場合の解約返戻金の金額。
価値を換算し、上記①~③等の方法で分与します。
    
…と簡単に書いていますが、実はわたくし
財産分与を途中で放り投げてしまいました!
始めは財産分与のこと、色々調べて実行しようとしていました。上記で書いたことは私が色々調べた資料をもとに書いています。
 
ただ…不動産とかは本当に難しくて、素人ではなかなか折り合いがつかず。。調停に持ち込むか等も考えたのですが、だんだん面倒くさくなってしまいました(汗)
   
もーそんなのいらないから早く家を出たい!!となってしまったわけです。
 
住んでた持ち家や家財道具、車はそのままに家を出ました。もちろんそれらは全て元夫が使用します。
  
私は独身の頃にためてひそかに持っていた貯金を切り崩し、新しい住まいの家財道具を全て揃えました。車も買いました。←車が無いと生きていけないド田舎なのです。
  
その時は家を出たいことに必死で、あまり何とも思いませんでしたが、今は
すごく後悔しています。
なぜ私がこんなに損をしたのだと。友人にもアホだと言われました(笑)
   
多少エネルギーを使ったにしても、もらえるものはもらえば良かったと。。
あ、でも借金もあるからマイナスの財産の方が増えるのか??今さらですが。
   
とにかく今離婚を迷っている方には私のように後悔はしてほしくないので、大変かもしれませんが請求した方が良いかなと思います。
 


スポンサーリンク





    
ランキングに参加しています。
よろしければポチッとお願いいたしますm(__)m

シングルマザーランキング