児童扶養手当 児童育成手当

離婚するにあたり不安要素の1つとして、やはりお金のことが上げられると思います。
   

私もとても不安でした。。(ノ_・,)

  

ありがたいことに、シングルマザーを支援して下さる制度はたくさんあります。ただ、自分で申請しないと貰えないものなので、しっかり調べて利用すべきと思います。

   

児童扶養手当

こちらは1番メジャーというか、良く知られている制度と思います。母子手当とも言われているようです。
満18歳までの子供を養育している1人親家庭が対象となります。
  

所得制度があって
(平成29年度の場合)
全額支給→42290円
一部支給→42280円~9980円 所得に応じて10円単位で変動
2人目加算額
全額支給→9990円
一部支給→9980円~5000円
3人目以降加算額
全額支給→5980円~3000円

 

…で、実際おおよそいくらくらいもらえるのか?という計算式を調べたのですが、なんだかややこしくてよくわからなかったです(汗)(゜ロ゜)←役立たず。。(ノ-_-)ノ~┻━┻
計算シュミレーションなどのサイトもあるのでそちらを参考にしていただくと良いと思います(^^;)
役立たずですみません。

  

支給は年3回で
4月、8月、12月。
4ヶ月分をまとめて頂く感じです。

 

申請は市区町村役所へ。

 

必要なもの

・戸籍謄本…母、子の分
・住民票…母、子の分
・通帳
・印鑑
・身分証明書(免許証、保険証など)…母、子の分
・事実婚解消の申立書⇒こちらに詳しく書いています。児童扶養手当 民生委員
・光熱費等の請求書…母名義のもの
  
自治体によって違いはあるようなので、市役所に確認頂くと良いと思います。
 


スポンサーリンク





   

そして毎年1回(←8月)に、更新の手続きが必要です。

 

児童扶養手当の証書と、養育費を貰っていれば年間の頂いた養育費の金額を記載した用紙を持って役所へ。
手続きは時間もかからず簡単なものだが、毎年言われるのが、
「事実婚など無いですよね?」

  
無いっす!!!(*_*)
 

「万が一、事実婚等認められた場合はさかのぼって返却して頂く形になりますので気をつけてくださいね。」
まあ確かに不正受給とかそういう話もあるから、そして皆様の税金から頂くわけだからそんな質問も仕方ないのだけど、なんとも言えない気持ちになります(^o^;)

  

まあ仕方ないかm(__)m

   

児童育成手当

自治体によって、児童扶養手当とは別に1人親家庭の支援を行っている所があるようです。所得制限等も自治体によって異なるため問い合わせてみると良いと思います。

 
私の住んでいる自治体には残念ながら上記のような制度は無さそうで、必要書類等はよくわからないのですが。。
  
東京都では1人につき13500円を受け取ることができるそうです。大きいですね~!
 

ぜひ役所に問い合わせてみると良いと思います。

  


スポンサーリンク





    
ランキングに参加しています。
よろしければポチッとお願いいたしますm(__)m

シングルマザーランキング